RUIN OF THE WEB DESIGNER

Webデザイナーの成れの果て

アルバムレビュー【アラモード/フジファブリック】

2003年6月21日、インディーズ時代に制作された2ndミニアルバム。

01. 花屋の娘

ピアノで始まる、アップテンポな曲。1曲目にふさわしい。
ファンの間では、人気だが、実は歌詞はかなり変態的。しかも、実話をもとにして作られている。やばいぞ志村!

02. 追ってけ追ってけ

歌詞、曲、サビの変なリズム、全てが気持ち悪い(良い意味で)。
変態性は更に増している。やばいぞ志村!最初は微妙だと思っていたが、聴いてるうちに、どんどんクセになっていく。これがフジの怖いところ。

03. お月様のっぺらぼう

これもピアノで始まる、ダークな曲。
志村って感じの歌詞で、歌詞は、『午前3時』にどことなく近いものがある。ライブだとアウトロのリズム取るのが難しそう。歌詞カードを見ればわかるが、次の曲と対になっている。

04. 消えるな太陽

前曲の「月」がダークなら、「太陽」のこっちは明るいのかと思いきや、めっちゃ暗い(笑)
曲の空気は、『浮雲』にちょっとだけ近い。野音のDVDでのアレンジが、AC/DCの何かの曲(曲名忘れた)っぽくて良かった。

05. 環状七号線

静かなアルペジオから始まる。
奥田民生の『御免ライダー』をフジがやったらこうなるだろう。
めちゃくちゃかっこいい。夜、ドライブしてるときに、無性に聴きたくなる曲。

06. 笑ってサヨナラ

『茜色の夕日』に隠れてしまっているが、こちらもかなりの名バラード。
Cメロの「どうにもならないことが多すぎる~」の部分が良い。FUJI Qでは、せっちゃんこと斉藤和義がカバーしているが、これまた泣ける。半音下げでした。

総評

今作で、ダイちゃん、加藤さんが加入。これにより、キーボードが前面に出てきている曲が多い。前作は、レトロな曲が多かったが、こちらは変態性が際立ってきている。前作が「どんよりとした午後~晴れた夕方」なら、今作は「夜~明け方」、特に夜のイメージが強い。
フジのダークサイドを知らない人は、是非!

では(`・ω・´)ゞ

感想などあれば、是非!

ご一緒に、Related Potato はいかがですか?

非SNSでのコメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.