RUIN OF THE WEB DESIGNER

Webデザイナーの成れの果て

THE YELLOW MONKEYの新曲『ロザーナ』をヘビリピする毎日

第一印象は”パッとしない曲”

『砂の塔』,『ALRIGHT』と来て、次に出た『ロザーナ』

はじめは、ちょっと地味な曲だと思った。

…が、ふとした瞬間、気がつくと頭の中に流れているのはこの曲だった。

 

ここ最近、移動中にずっと聴いている。

いやほんと、狂ったようにリピートしている。

いわゆるスルメ曲というヤツだ。レビューなどを読んでも、スルメ曲だという意見は多い。

 

ちなみに僕は、フジファブリックの『FOUR SEASONS』のカバーから入ったクチだ。

ヴォーカルの吉井氏はフジQのイベントで、『マリアとアマゾネス』を歌っていたが、コードとかリフの感じとか、どことなく似ている。

そしてこの『マリアとアマゾネス』は、吉井ソロの『Pain』とも似ている。

ロザーナの元ネタ?

「ロザーナって、耳馴染みのない言葉(名前)だな」と思ったが、どうやらこの曲のオマージュっぽい。

イントロのコードと、「ロザーナ♪」の部分が一致している。

こんな感じで、音楽のルーツを辿っていくのって楽しいよね!

 

イエモンは止まらない!

いやー、年を重ねて色気が増す一方だし、みんなスタイル良いままだし、吉井さんの声も一切劣化を感じない。

新録のベスト盤も、鬼かっこよかったので、おそらく買う!

では。

感想などあれば、是非!

ご一緒に、Related Potato はいかがですか?

非SNSでのコメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.