RUIN OF THE WEB DESIGNER

Webデザイナーの成れの果て

アルバムレビュー【サーチライト/メレンゲ】

2004年5月12日、メレンゲ、メジャー初の1stミニアルバム。
このブログ初の、メジャー盤のレビューです。いやぁ、更新サボりすぎた(笑)

01. 夕凪

1曲目!アップテンポで人気度の高い曲です。世界観は、『きらめく世界』に近いと思います。最近のメレンゲには無い感じの、まじでギターロックですね。歌詞も、これぞクボンゲって感じの内容で、本人お気に入りの曲らしい。

02. グレゴリー

アルペジオと唄から始まり、途中で激しくなります。これもまじでギターロックです。ちょっとM4に近い雰囲気はあります。当時のクボさん、こういうコード好きだな。ちなみにこのグレゴリーとは、とある絵本に出てくる少年の名前らしい。ブランドの方じゃないよ。

03. 春雨の午後

『少女プラシーボ』収録曲のアレンジ。イントロがアコギになって、全体的にもアコギの音が入っていて、繊細かつ、その他の演奏は力強くなっています。さすがプロデューサ!冬が終わって、春になって、ちょっと暖かくなってきたころに聴きたくなりますね。

04. 輝く蛍の輪

こちらも『少女プラシーボ』収録曲のアレンジ。なんか、プラシーボのレビューにけっこう書いちゃってます。まだ読んでない人は、そっちもあとで読んでね。メレンゲの中でも、「切なさ」が最高潮の曲だと思います。僕の曲めっちゃ好きです。メレンゲを友達に紹介するとしたら、最初に聴いてほしい曲は、これか、「きらめく世界」のどっちかですね。アルバムを貸すとしたら『アポリア』ですけどね。

05. 初恋のオマケ

ラスト。前曲の雰囲気、切なさをそのまま引き継いでます。歌詞も、「たぶん絶対悲しい午後」とか、「笑ってるのも泣いてるようだな」とか、そういう表現を用いてます。なんでいまいちヒットしなかったのかが不思議。最近は来てるけどさ。聴きやすいし、高校生とか、絶対好きな人多い筈なのに。メレンゲって、アウトロがしっかり作り込まれていて、この曲も、アウトロのギターが良い味だしてます。最後まで聴くべし!

総評

フジの1ヶ月後にメジャーからリリース。なんと亀田誠治先生のプロデュース!既存の曲のアレンジと、新曲が入ってます。特に輝く蛍の輪は、めちゃくちゃかっこよくなってます。まぁ実際は、聴き込まないと違いはなかなかわからないですが。

まぁ、メジャー第一弾の今作は、今までインディーズでやってきたことの集大成って感じです。フジファブリックで言う、『アラモルト』みたいなものです。そして、いわゆる「捨て曲」ってヤツが無い作品なので、聴く価値はあると思います!

最後に輝く蛍の輪のPV貼っときます!
まだメレンゲを深く知らないよって方、ハマってください♪

では(`・ω・´)ゞ

感想などあれば、是非!

ご一緒に、Related Potato はいかがですか?

非SNSでのコメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.