RUIN OF THE WEB DESIGNER

Webデザイナーの成れの果て

スマホ版ドラゴンクエストⅣをプレイしてみた(Android)

スマホアプリのDQ4をプレイしてみて、早速感想をまとめてみました。ネタバレは一切しないつもりです。

アッテムト

もちろん、↑これは、ファミコン版の画面です。
ついに、本日2014年4月17日、待ちに待ったドラクエ4のアプリが出ましたね!

なぜかiOS版は、前日にフライングリリースされてました。30分前にはDLできる状態でした。しかし僕はアンドロイドユーザ。待っても待っても、0時を過ぎても出ないので、早朝DLしました。もうAndroidでもDQポータルアプリから飛べる筈です。

以前、ドラクエの記事でも言いましたが、僕はこのDQ4が一番好きなゲームであります。シナリオもそうですが、BGMが素晴らしすぎます。思い入れの強い作品なので、発売前から本当にワクワクでした。

率直なレビュー

僕の機種(AQUOS PHONE SERIE SHL21)はDQ8に対応してなく、プレイできなかったので不安でしたが、問題なくDLでき、動作しております。

画面はこんな感じ。まずはタイトル画面ドーン!

タイトル画面

はい、ゲーム画面。主人公ドーン!

ゲーム画面

さて内容ですが、ほぼDS版の移植と考えてください。BGMはちょっとランクアップしてます。街の音楽を聴けばわかるかな?画質はDQ1同様、キャラと背景とフォントがちょっとミスマッチな感じです。まぁ、さほど気にならないレベルです。やっぱり面白いです。

ただ、現時点で改善してほしい事は、2つあります。

  1. 戦闘終了後、フィールドのBGMを途中からにしてほしい
  2. DQ1のように、パッドの大きさを変えられるようにしてほしい

です。

クラウドセーブ機能

前回のDQ8のアップデートで、クラウドセーブができるようになったらしいです。もちろん今作でも実装されています。つまり、セーブデータを同期できるので、外ではスマホでプレイして、家ではタブレットでプレイすることができます。これで安心して機種変更もできますね。

ドラクエ4 Amazon アプリ(Android)

UIとかのレビュー

( 発売してすぐDLしたのに未だクリアしていない)FF6との比較も交えながら書いていきます。

FF6

操作性

まずパッドについて。スマホのDQシリーズは一貫して、操作パッドは(左右に調整できますがそういう意味ではなくて)固定です。FF6はタップした場所にパッドが現れますね。これは本当、人によりけりですが、FF6の方向パッドは僕は好きじゃないです。不本意に、(!)マークが出て、用も無いのに話しかけちゃうんですよね。特に魔列車の幽霊さんたちには大変お世話になりました。

そして、ちょっと前にDQ1はひそかにアップデートされていたんです。半歩問題と方向問題です。

DQ1は、SFCの移植だったので、キーを動かすと、一歩ではなく半歩移動でした。この仕様により、ラダトームのお城から出るのに苦労した方も多いと思います。それが、アップデートで、半歩の概念がなくなり、解消されていました。完全マス移動になりました。

更に、街の人に話しかけるのにも苦労しましたよね。しかし、この様に、

DQ1

隣接するマスにいれば、その対象の方向を向いていなくても、(!)マークが出るようになったので、話しかけたり、調べたりすることができます。もちろん、今作でも同様です。

DQ4

戦闘画面

そして戦闘画面はこう。ドーン!

戦闘1

攻撃対象はこのように選択します。そして、

戦闘2

戦闘コマンドの入力が終わったら、このように、「これで戦う」のボタンが出てきます。これにより、スマホにありがちなタップミスが防げるわけです(アップデートで、この仕様はなくなりました)。ありがたいですね。夕方の戦闘背景、好きです。

おわりに

以上です。DQ4をプレイした方も、してない方も楽しめると思います。正直DS版を最近やったという方は、そっちで良いと思います。アプリ自体も1800円と、少し高いですが、 DQ1で不満を感じた方も、色々改善されています。最近、スクエニは、ちょいちょいアプリを改善してくれていますし、期待大ですので、プレイしてみてはいかがでしょうか。

ドラクエ4 Amazon アプリ(Android)

では。

感想などあれば、是非!

ご一緒に、Related Potato はいかがですか?

非SNSでのコメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.