RUIN OF THE WEB DESIGNER

Webデザイナーの成れの果て

サイトでFacebookのOGP設定してる人は、Twitter Cardsもやっといた方が良いっぽい

やり方を調べてもイマイチわかりづらかったので、ツイッターカードの設定方法とメリットを教えます。すぐにできます。

ケツァール

↑ちなみに、こちら、中南米にいる「ケツァール」という鳥です。手塚先生の『火の鳥』のモデルです。僕は、「バードウォッチング検定」の資格を取ってしまうほど野鳥が好きだったので、死ぬまでに一度見てみたいです。

ツイッターにもOGP的なものがあるの?

実はあります。今回の話は、FacebookのOGPをある程度理解していて、既に設定している人向けの内容です。この時点で何を言ってるのか分からない人は、この先読んでも面白くないと思います。

Twitterカードを設定するメリット

僕が思うに、今のところメリットは、2つほどあります。

  1. 見た目がリッチになり、クリック率が上がるかも?
  2. Twitterの解析ができるようになる

この2つです。設定方法の前に、それぞれどんな感じか見ていきましょう。

シェアしたときのリンクをリッチスニペット表示

見た目がリッチとは、どういうことなのでしょうか?あまり意識してないと思いますが、リンクをTwitterでシェアしたとき、そのツイートを見てみると、こんな感じの画面になりますよね?

Twitter Cards設定前

ただ、Twitter Cardsを設定しておくと、

Twitter Cards設定後

こんな感じで、リッチになります!下部に記事のタイトル、本文(説明)、画像、「Webで見る」ボタンが追加されてますよね!リンクをクリックする前に、どんなサイトかわかるので安心ですし、Googleの著者情報じゃないですけど、どことなく信頼感も得られると思います。amebaなど、大きなサイトは、設定しているところも多いです。

せっかく自分のサイトを作ったなら、是非やっておきたいですよね!

Twitterアナリティクス

Twitter公式の解析機能があるって、ご存知でした?

こちら、Twitter Cardsを設定していないとできません。上記のリンクに飛んで、「さぁ始めよう」ボタンが無い人は、設定がうまくいってません。

アナリティクスにログインすると、

グラフ

僕のアカウント、数がショボいので非常に恥ずかしいですが、こんな感じで全体のグラフや、

ツイート毎

ツイート毎のインプレッション、エンゲージメント数が見られます。

  • インプレッション:ユーザにツイートを見られた回数。
  • エンゲージメント:ユーザがツイートに対して反応した回数(RT、リプ、ふぁぼ、詳細クリック等)。

自分のどういうツイートが、多く見られていて、どういうツイートが流されているのかわかるので、自分だけでなく、フォロワーのためにもなります。病みツイートや愚痴、毒は、おそらく数字が低いでしょう(笑)

Twitter Cards設定方法

お待たせしました。設定するサイトに行く前に、まずは、下準備です。

設定したいサイトのheadタグ内、FacebookのOGPの下あたりが良いかと思われますが、

<!-- Twitter Cards -->
<meta name="twitter:card" content="summary">
<meta name="twitter:site" content="@アカウント">
<!-- Twitter Cards -->

以上のコードを入れておきましょう。アカウントの部分は自分のものに合わせて変えておいてください。Facebookで既にOGPを設定してあれば、下準備はこれだけです。次に、

こちらのサイトに飛びます。設定がいろいろありますが、あとでいくらでも変更できるので、とりあえず、

カード設定

基本のSummary Cardを選んでおきましょう(さっきの僕のもこれ)。

次に、右の方にある

サイドバーの

Cards Validatorという項目をクリックします。わかりづらいね。ログインを求められたら、ツイッタ―アカウントでログインしてください。そしたら、

選択

再度、カードの種類を選ぶ画面が出てきます。下準備でもSummaryと記述したので、そのままで良いです。そしたら、ようやく作成画面です。Try Cardsで作ると、最初から設定しなきゃいけないので、その隣の、

バリデート

Validate & Applyを選びます。ウィンドウに、設定したいサイトのURLを入れて、Go!

OGP含む、下準備で入れた情報を読みこんでくれます。

バリデ中

うまくいってない場合は、左部分の青信号が赤になるので、もう一度設定を見直してみてください。OGPでの設定が抜けていたり、他にも、例えばdescriptionが短すぎたりしても、怒られます。オッケーなら、「Request Approval」を押します。

そしたら、またアカウントなどの情報を入れる画面が出てきます。メールアドレスも入力しておきます。「Request Approval」を押して、ひとまず設定完了です。するとすぐ、Twitterから、「申請受け付けましたー」というメールが届きます。Facebookと違い、申請して、それが通らないと使えないというシステムなので、すぐには反映されません。

数日後、「申請通ったよー」というメールが届いたら成功です!早速リンクをシェアしてみましょう。

おわりに

非常にわかりづらいですが、一度やってしまえば、見た目もリッチになり、解析もできるので、かなり便利です。しかし、設定してる人、意外と少ないかな?という印象なので、是非やっておきましょう。先日、僕がデザインをリニューアルした、関口舞ブログでも、設定してます。

では。

感想などあれば、是非!

ご一緒に、Related Potato はいかがですか?

非SNSでのコメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.