RUIN OF THE WEB DESIGNER

Webデザイナーの成れの果て

404エラーとは

ネットサーフィン(初めて使ったこの言葉)をしていて、気になるページを見つけてクリックするも、「ページが見つかりません」といったようなエラー。

「うわっ、なんだよ。」と思いますよね。今日はその、エラーページについて、綴っていきます。

404

それぞれのエラーの違い

おそらく一般の方は、意識していないと思いますが、Webに関わるお仕事をしている方は、多かれ少なかれ、エラーには種類があることを知っている(はず)です。

おそらく、404エラーは、誰もが一番多く遭遇してしまうエラーだと思います。

404 Not Found

こんな感じの画面ですね。

404とは、

 404 File Not Found
「URLで指定されたファイルまたはディレクトリが存在しない」

上記サイトのようにエラーの違いが書いてあるページは、腐るほどあるので、そちらを参照してみてください。

404エラーがでる原因

原因は、URLの変更が主です。

出ちゃうタイミングとしては、

  1. URLを変更したのに、サイト内のリンク先のURLは前のままだ
  2. Google等の検索エンジンがクロールし、古いURLを表示してしまっている

こんなときです。

例えば、

http://right69.net/question/

というURLのページを作りました。

しかし、気が変わったので、

http://right69.net/shitumon/

というURLに変えました。

このとき、検索エンジンに変わったことが伝わるのには時間差があるため、検索結果では、まだ古いほうのURLでヒットしてしまいます。これで「このページは存在しないよ」ってなってしまうのです。

404エラーページのデザイン

先日、こんな記事を見つけました。

ななんと、インベーダーが遊べてしまうのです!これだったら、エラーでも、「うわっ」という気持ちが軽減されるどころか、ラッキーとすら思えます。

ここまでやれとは思いませんが、少なからず、ユーザビリティを配慮したデザインにするのが望ましいと思います。

「良いなぁ」と思ったのが、サクラクレパスのサイト。テキトーなURLを打ってみます。

面白いですよね?

こういう遊び心のあるサイトは、ストレスを軽減してくれますね。

Webデザイナーの成れの果ての404

僕なりに拘りました。

こんな仕様です。遊び以外にも、検索ボックスを設けたり、コンテンツに飛べるようにしておくと、ユーザにとって親切なページとなるでしょう。

では。

 

追記(2013-06-25)

このサイトに、エラー関連について、わかりやすく書いてありました。

感想などあれば、是非!

ご一緒に、Related Potato はいかがですか?

非SNSでのコメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.